永久脱毛と言える脱毛方法

バナー

永久脱毛と言える脱毛方法

脱毛の広告の中に「永久脱毛」という言葉がよく出てきますが、永久脱毛というのは基本的に毛の毛根を破壊することで完成されます。

毛根を破壊する行為は医療行為に相当するため、医師法に基づいた医師や看護師の資格を持った人しか行うことができません。

従って、エステサロンで永久脱毛という言葉を使っている場合は、違法ということになります。

ところで、永久脱毛の方法には電気を使用する「ニードル式脱毛」と、レーザーを使用する「医療レーザー式脱毛」があります。

医療脱毛の口コミの情報を公開しているサイトです。

昔から行われているのがニードル式脱毛です。

ニードル式脱毛というのは、一つ一つの毛穴に針を差し込んで電気を流し、毛根を腐食させる脱毛方法です。

針を毛に沿って挿入するため、最低5mm以上毛が伸びていないと施術ができません。

なお、ニードル式脱毛は一つ一つの毛穴に針を刺していくことから施術時間が非常に長く掛かることと、料金が高額になるのがデメリットになっています。

しかも、かなりの痛みを伴います。
そこで、最近の主流になっているのが医療レーザー式脱毛です。

医療レーザー式脱毛はレーザーを照射するだけなので、部位にもよりますが、20分?30分で施術が終わります。

レーザー脱毛の有益情報にあふれているサイトです。

また、レーザーが当る時にチクっと軽い痛みを感じるだけですし、施術の前に毛を伸ばしておく必要もありません。

レーザー脱毛の比較の情報といえばココです。

ちなみに、ニードル式の方がレーザー式より優れている点と言えば、レーザー式はレーザーの毛の黒いメラニン色素に反応する性質を利用しているため、例えば、陰部や乳輪、ホクロなどの黒い部位に生えている毛に使用すると、周りの皮膚に炎症を起こさせる危険がありますが、ニードル式にはその懸念がありません。

また、産毛や白髪など、色の薄い毛にはニードル式の方が有効です。



Copyright (C) 2014 永久脱毛と言える脱毛方法 All Rights Reserved.